国立国会図書館の書誌データ利用

平成31年4月1日から、国立国会図書館の提供する書誌データが、利用目的にかかわらず、誰でも無償で自由に利用できるようになります。

詳細は順次発表

詳しくはこちら

小学校中学年向けワークブック「学校図書館学びかたノート」無料進呈

全国学校図書館協議会では、小学校中学年(3~4年生)の児童に向けて、学校図書館を活用した学習のしかたを学ぶためのワークブック「学校図書館学びかたノート」を作成。

この冊子を5万冊限定で、全国の小学校に無料進呈。

ご希望の学校はFAXで申し込み。〆切は2019年1月15日。

詳しくはこちら

第7回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」報告

 10月28日(日)ソレイユさがみにて、第7回学校図書館学習会が開かれました。

 講師に県立磯子高校学校司書の田子環さんをお迎えし、前半は、NDCについて教えていただきました。基本のことから2桁・3桁問題、別置、NDCのデメリット、探しやすさとNDC配架など、普段業務で悩むことを、さまざまな文献を参考に分かりやすく話してくださいました。

 後半は、4~5名のグループになって、「図書館で本の探し方LibraryNAVI」を作成しました。下書きのシートに書きたいことを記入してから、実際にナビを作っていきます。福祉、職業、お米などの本の探し方や、利用案内など、参加者はグループの人たちと話し合いながら取り組みました。

 最後に一人ずつ作ったナビの紹介をしました。

 NDCに沿った配架については、校種によって課題が大きく違うと改めて思いました。また、LibraryNAVIの汎用性の高さと作るの楽しさを感じる4時間でした。

 講師の田子さん、参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

第7回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」

日時:2018年10月28日(日)13:00~17:00

場所:ソレイユさがみ セミナールーム4

内容:NDCについて

詳細はチラシをご覧ください

申し込み:「問い合わせ」より必要事項を記入の上

     お申し込みください

学校図書館学習会チラシ.pdf
PDFファイル 198.3 KB

第四次「子供読書活動の推進に関する基本的な計画」

2018年4月20日、第四次「子供読書活動の推進に関する基本的な計画」が閣議決定されました。第四次基本計画には、読書週間の形成に向けて発達段階ごとの効果的な取り組みを推進することや、友人どうしで本を薦め合うなど、読書への関心を高めるための取り組みの充実、スマートフォンなど情報環境の変化が子ども読書に与える影響の把握・分析などが盛り込まれています。

詳しくはこちら

 

「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画(第四次)」パブコメ募集

新しい読書計画について、各省協議が終わり、3月20日から

パブリックコメントが始まりました。

〆切は4月2日。

4月23日の子ども読書の日までの閣議決定を目指しているとのこと。

詳しくはこちら

第6回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」報告

1014日、サンエールさがみはらにて、第6回「聞いて!学校図書館のこと」学校図書館を考える学習会が開催されました。

最初に2名から話題提供をしていただきました。

LCA国際小学校図書館学校司書の鈴木さんからは、洋書のデータ登録を「認定NPO法人らいぶらいぶ」が請け負ったことをきっかけにLCA国際小学校の学校司書になられた経緯や、LCA学校図書館の基本情報、子どもたちにとって居心地のよい図書館つくりの実践について報告してくださいました。学校図書館のようすをパワーポイントで見せてくださったので、鈴木さんが「誰にどう見せるか」を大事に環境づくりされていることが伝わってきました。

つなぐ会の会員で視覚障害当事者の渡邊さんは、相模原市内の福祉体験授業で講師として活動した時のようすを報告してくださいました。中途失明されたかたは点字を難しく思っていることなど、たくさん貴重なお話が聞けました。また、ディズニーランドの点字地図や渡邊さんが読みやすいと思われる大活字本、点字絵本をお持ちくださったので、実際に手に取ってみることができました。

次に、校種別のグループに分かれ、「使いやすい館内整備」を考えました。勤務校で使っているサイン、棚見出し、本の展示などの写真、実物を持ち寄り、それを見せ合いながら、利用者が使いやすいと思えるための図書館の必要条件をグループで考えていきました。

休憩後は、情報資源を「新聞・雑誌 」「紙芝居・パネルシアター」「パンフレット・地域資料 」「視聴覚資料」の4つに分け、保管・整理方法を各グループで考えました。グループ討議を共有した後は、さらに全員で意見を出し合いました。ワークショップを終えても、みなさんが交流されている姿が見られました。

 他市町村の学校司書の色々な実践や意見交換は、とても刺激的でした。また情報資源の整備では公共図書の勤務経験者から公共での管理方法も聞けて、とても参考になりました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

第6回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」

日時:2017年10月14日(土)13:00~16:30

場所:サン・エールさがみはら 第2研修

       (http://sunyell-sagamihara.jp/)

内容:学校図書館の環境整備について

申し込みは「問い合わせ」から

学校図書館学習会チラシ.pdf
PDFファイル 204.4 KB

子供の読書活動推進に関する有識者会議(第1回) 配布資料

2017年8月1日に開催された「子供の読書活動推進に関する有識者会議」の配布資料が公開されました。

詳しくはこちら

第63回 青少年読書感想文全国コンクール課題図書

今年度の課題図書

詳しくはこちら

新学習指導要領 パブリックコメント募集

新学習指導要領のパブリックコメントを文科省が募集中。

学校図書館活用の要望を送ろう。

詳しくはこちら

神奈川県内市町村 小中学校図書館職員配置状況&地図 2016年版

学図研神奈川支部では、2016年6月に県内市町村の教育委員会を対象とした
学校図書館職員配置状況の調査を行いました。
その結果の報告です。

詳しくはこちら

第5回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」 報告

2016年10月15日(土)相模原市立上溝中学校図書館にて、「学校図書館学習会」が開催されました。

今回のお題は「蔵書構築をするって?」。ワールドカフェ形式で話し合いました。

 

1ラウンド目は、学校図書館法、SLAの選書基準など、基本を押さえました。「キホンも大事だけだど、それにとらわれて過ぎても…」「蔵書の達成率や分類比率を意識して」という声が聞かれました。

 

2ラウンド目は教科に関する資料について。「学校図書館の存在意義となる資料収集」「郷土資料の収集」という言葉が模造紙に書かれました。

 

3ラウンド目は読書に関する本。「ベストセラー(子どもたちが読みたい本)とロングセラー(読ませたい本)、この間をつなぐのが学校司書」と学校図書館に人がいる大切さが語られました。

 

3ラウンド話し合った後、各グループで選書基準を明文化しました。

基準を言葉にすることで、「本当に大切なこと再確認した」「優先順位を考えて、利用してもらえる図書館にしていく」「図書館の存在意義を考えた」という感想をいただきました。


第5回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」

日時:2016年10月15日(土) 13:00~16:00

場所:相模原市立上溝中学校 図書館

内容:選書・蔵書構築

   学校図書館の基盤となる「蔵書構築・選書」を取

   り上げ、ワールドカフェ形式で話し合い、参加者

   で内容を共有する。

  【*ワールドカフェとは】

   「人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことので

   きる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づい

   た話し合いの手法。カフェのようにリラックスした雰囲気の中で、テ

   ーマに集中した対話を行う。自分の意見を否定されず、尊重されると

   いう安全な場で、相手の意見を聞き、つながりを意識しながら自分の

   意見を伝えることにより生まれる場の一体感を味わう。

学校図書館学習会チラシ.pdf
PDFファイル 246.2 KB

第4回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」報告

日時:2015年10月3日(土)

場所:相模原市立鶴の台小学校


最初に会場を提供してくださった、鶴の台小学校の先生から、図書館の紹介をしていただき、休憩をはさみ後半は、4つのテーマに沿って、ワールドカフェ方式で話合いました。


蔵書構成では、まずは除籍。SLAが出している蔵書構成基準を参考に購入。そして教科書で紹介されている本は必須、などが話し合われました。


利用指導では、どんな内容を盛り込むか、どの時期に行うかタイミングが大事であること。また生徒だけでなく先生にも行いたいという意見も出ました。


環境づくりでは、新聞や、パンフレットの利用・収納方法、書架の棚幅、高い位置の本の排架、絵本の並びなど、身近な問題が上がっていました。


コミュニケーションでは、先生との連絡方法、アピール方法が話題に。図書館は「王様の耳はロバの耳の穴」「オヤジにとっての新橋のガード下」でありたいという名言も飛び出しました。


短い時間でしたが、中身の濃い話し合いが行われました。


合理的配慮ってなんだろう ~視覚障害者の読書のために~

日時:2015年10月24日(土)13:00~16:00

場所:相模原市立図書館(鹿沼台)

内容:専修大学文学部人文・ジャーナリズム学科野

         口武悟さんを迎えて、視覚障害者の方の読み

         の困難さやニーズについてお話を伺います。

合理的配慮チラシ.pdf
PDFファイル 519.6 KB

第4回学校図書館学習会「聞いて!学校図書館のこと」

日時:2015年10月3日(土)13:00~16:00

   図書室見学 12:30~13:00

場所:相模原市立鶴の台小学校図書室

内容:学校司書の業務について、ワールドカフェ

   方式で話し合います。日ごろの実践、疑

   問、不安をみんなで語り合いましょう。

対象:学校図書館、図書館、学校関係者、つなぐ

   会会員

申し込み:10月2日までに問合せより「学習会

     参加希望」と明記して申し込みくださ

     い。

学校図書館学習会チラシ.pdf
PDFファイル 248.3 KB

はじめまして

「図書館と市民をつなぐ会・相模原」では学校図書館にも注目していきます。

 

情報発信や意見交換などの場として活用していくため、このホームページを作りました。

まだまだ発展途上中です。よろしくお願いします。